システムエンジニアとは|SE・プログラマーの仕事

seとは?

システムエンジニア(se)とは、コンピュータ上でシステムを実現するために、コンピュータSYSTEMを設計する技術者のことをいいます。

プログラマー(PG)とは、設計書を元にプログラミング言語でプログラムを組み、プログラムを作っていく技術者のことをいいます。

端的にいうと、そのようになるのですが、厳密にいうと、seとプログラマーというのは特に別れているというわけではなく、プログラマーはseの中に含まれている存在です。

コンピュータ会社に就職をすると、入ったばかりの新人は比較的簡単なプログラマーとして教育されます。

その後、ある程度の経験を積むことにより、seとしての教育を受け、晴れてSEへと成長していきます。

よくわからないと思うので、システム開発の工程別にseの仕事について、解説します。

開発プロセス

システム企画

要件定義(システム方式設計)

基本設計(概要設計)

入出力に関する機能設計

詳細設計(システム構造設計)

機能ごとにプログラムを分割し、各プログラムが実現する機能を定義

プログラム設計

プログラムの構造や処理手順を設計

プログラミング

単体テスト

結合テスト

システムテスト

運用テスト

運用保守