システムエンジニア年収アップ|ギークスジョブは突破口

ギークスジョブはフリーseの突破口

これからフリーのse(システムエンジニア)になる方に向けて、ギークスジョブは突破口に過ぎません。

どういうことかというと、フリーseになったことが無い人に取って、フリーseの世界はどのような業界なのだろう?と、不安だらけだと思います。

フリーseというものは、自分で仕事を取ってきて、その仕事を自らこなして、その成果を自ら取引先に請求し、年度末には確定申告をするといった内容を全て自分でやることです。

昔は、ギークスジョブなどというシステムエンジニア向けの仕事紹介サイトなどというものは、ありませんでした。

そのため、自ら営業のため、飛びこみや約束を取り付けて、自分の身分を自己紹介して、仕事を契約するという営業の仕事が必須でした。

私は、初めてフリーseになったのは、勘違いからの始まりで、求人雑誌で見つけた先の仕事がフリーseという立場の仕事でした。

私は、普通の正社員の募集だとばかり考えていました。

最初の会社では、足元を見られてしまい、月単価が10万円も安い金額で契約をしてしまいました。

しかし、丸1年フリーseとして仕事をやってきたため、フリーseの相場や仕事の殖やし方、フリーseの仲間も増えて、こんなに優遇された仕事の仕方があったんだと驚かされました。

結局私は、その優遇された世界に30年以上もどっぷりと浸かってしまいましたが、反省点もたくさんありました。

私は、その都度軌道修正をしてきたので、結局は理想に近い生き方になりました。

今ではもう、システムエンジニアの仕事はやっていませんが、現場から声を掛けられれば、条件次第では戻る可能性はあるかもしれません。

システムエンジニアの仕事というのは、やり方次第で自分が思うように自由が効く業界でもあります。

それには、それなりの実力は身に付けなければなりませんが、実力を身につけることによって、周りからは逆らうものがいなくなるというか、少なくなるんです。

いちゃもんを付けてくる人よりも、自分が知識を身につければいいんです。

そうは言っても、今から新たな言語やツールの知識等は身に付けられないので、交わらないような仕事となります。


これからフリーseになる方に向けて、ギークスジョブはフリーseの突破口と言ったのはフリーseとして、現場で信用さえつけてしまえば、しばらくすると再び現場から直接仕事の話が来るようになります。

現場からの逆指名で仕事の話が直接来るようになれば、ギークスジョブなんか通す必要も無くなるんです。

しかし、それまではギークスジョブのお世話になることになるので、「なんか」呼ばわりは失礼極まりない話でした。

ましてや、私の場合、リーマンショックの時はギークスジョブに救われたので、命の恩人と言っても、過言はないわけです。

また、ギークスジョブは、良質の仕事を大量に抱えているので、フリーのseをするなら、まずはギークスジョブの会員となるべきでしょう。

それで、他よりも恵まれた単価で仕事に就いて、同じ現場で契約が更新されるようなら、ギークスジョブ経由で単価は上がり続けるでしょう。

契約単価が上がれば、黙っていても自分とギークスジョブの契約金も上がる筈です。

私が初めてフリーseとして契約をした会社のように、足元を見てくるような会社では無いので、その点は安心してもいいと思います。

ただ、その現場の開発自体が終わった時、別の仕事を紹介してもらわなければならないので、恐らくその時もギークスジョブのお世話にはなると思います。

そうして、数々の現場で信用が確立されていけば、今度は直で現場からの逆指名で渡っていけるようになります。

その時は、現場指定の会社を通しての契約となりますが、単価面は通常の1.5倍くらいの金額になるでしょう。

60万円が相場だとしたら、90万円くらいにはなります。

これは、私の経験上の話しなので、もっともらっている人はたくさんいます。

現場では、ともかく必要とされる存在になることと同様に、現場の人たちと仲良くやっていけるような正確になることです。

私の場合、50歳を越えていても、20代の若者と仲良くやっていける能力があります。

私は、小学生の頃から面白い人で通っていて、中学校、高校とモテモテでした。

ジョークの才能があるんです。

その才能のは優れていて、未だにあちらこちらで現場を楽しくさせる術は健在です。

仕事の方は、決して優秀とは言いませんが、人を楽しませる点では昔から群を抜いて断トツです。

だから、どこへ行ってもモテモテです。(現在進行形)

そのようなことからも、頼りになるフリーseの先輩として、同じ現場の若い社員は、安心してフリーseとしての第一歩を越えることができるのだと思います。

私が知る限り、フリーseになりたいという現場の若者はたくさんいます。

この間は、ある会社から直接私の携帯に電話がかかってきました。

自分の所のプロパー社員が、10人も20人も辞めてフリーになっていったというんです。

裏で私が何か指図をしているのではないか?と、かんぐってきたんです。

もう、随分昔に一緒に仕事をしたことがあった会社だったので、驚きました。

私は、当時、その辞めて行った社員とフリーseの話し派したことがありましたが、それ以降は一切連絡もとっておらず、心当たりもありませんでした。

その時は、知らないと答えたのですが、社員が大量に辞めてしまうのは、会社に責任があるのではないか?と付け加えて、電話を切りました。

それからしばらくして、辞めて行った社員の一人から電話がかかってきました。

すると、彼らが辞めてフリーseになったきっかけは、やっぱり私であるということがわかりました。

実は、私が当サイトを運営していたことを、彼らは知っていたんです。

当時、私は彼らにフリーseについて相談された時、私のこのサイトを紹介していたんです。


当時から、私はプロパー社員のことを何もできなくなってしまうと、色々な話をしていたので、彼らの片隅にいずれはフリーseを考えていたようなんです。

言われてみれば、確かに物凄い勢いで、当サイトから契約をしてくれる人がたくさんいた時期がありました。

恐らく、それが彼らではなかったかと思います。

時期が丁度同じような時期だったので。

フリーseというものは、何から何まで自分でやって行かなければならない業界です。

とは言っても、やること自体大したことではありません。

現場で作業に当たっているseと、何も変わりはしないんです。

1人分の営業と、1人分の確定申告をするだけです。

1人分の営業というのは、ギークスジョブに登録をしていれば、終わるタイミングで次から次へと仕事の方はメールが来るので、何もしないと言っても過言ではありません。

確定申告は、慣れないうちはちょっとめんどくさい作業ですが、慣れてしまえば2、3日で申告することができてしまいます。

その後は、自分の将来の事業資金をちゃんと貯金していれば、余裕で好きな事業を始めることができます。

世の中の多くの事業は、事業資金を自転車操業で捻出しているので、失敗するんです。

ちゃんと準備をされた事業では、よっぽどのことが無い限り、失敗はあり得ないんです。

それに伴う精神力と行動力が身についていればの話ですが。

でも、会社でプロパーで治まっていれば、そんなチャンスも無いんです。

会社を経営するには、どうすればいいのか?

そんなことさえ、彼らにはわからないんです。

しかし、フリーseになれば、個人で事業を実際にやっている訳ですから、そのまま自分の事業を展開することに繋がるんです。

20代から30代までは、黙っていても、向こうの方から仕事が来る時代です。

40代になると、それまでのようにはいかないかもしれません。

しかし、なんじゃかんじゃで50歳までは何とか仕事にありつくことができるでしょう。

そうなる前に、精神力と行動力に磨きをかけるんですよ。

この世の中を安心して生きて行くためには、精神力と行動力を身につけることが一番の保険なんですよ!!

それと、システムエンジニアとして生きて行くには、危機管理は必須です。

何とかなるでは、絶対にどうにもならないんです。

1度決めた納期は、何が起きても死守するぐらいでないと、人を出し抜いて知識を身につけることなどできません。

ちょっと人よりも努力をするだけで、それらは実現することができるんです。

今晩徹夜をしても、明日死ぬわけではないんです。

家に早く帰りたいなどと、家に安住を求めないことです。

仕事が送れていれば、休日出勤は当たり前のことです。

そう思わずに、苦痛で休日出勤をしてみても、それなら出勤をしていないのと同じです。

自分の中から、曜日感覚は無くすことは、物凄く自分を成長させてくれます。

スマホでゲームなんか屋ている場合では無いんです。

仕事の重要さを知ると、スマホゲームなんかにうつつを抜かすよなことができなくなってくるんです。

世の中の優秀な人が、時間は幾らあっても足らないと言います。

世の中のことわざで、時は金なりということわざがあります。

その意味がわからないうちは、その意味がわかるようになることが先決です。

意味はわかっても、自分自らがそのように思わなければ意味がありません。

そのことを自ら実感できた時、次は何をするべきかが自ずと見えてくるでしょう。

そうなればシメタモノです!!

後は、何をやっても生きて行くことが出来るでしょう。

今遊ばなくても、もう少し歳を取って余裕が出来た時に遊べばいいんです。

その時は、遊びの幅も、今では考えられない程の規模になっていると思いますよ!!

世の中で、成功する人としない人の違いは、そこだと思います。