システムエンジニア年収アップ|フリーseで重要なのは精神力

システムエンジニア年収アップ|フリーseで重要なのは精神力

システムエンジニアで年収をアップさせるには、プロパーよりも明らかにフリーseの方が、アップさせ易いです。

以下に、私がフリーseとして如何に年収を上げて来たかを解説したいと思います。

システムエンジニアの仕事というのは誰よりも早く、その現場の業務を理解することが大切です。

俗に言う、有識者という立場になることが何よりも大切だということは、システムエンジニアの方ならわかっていると思います。

誰からも、あの人に訊けば、何でも知っているという立場になるということですが、それって人よりも少し努力をすれば、なれるものなんです。

その時の、ちょっと人よりも努力というのは、人よりも頭良くなければなれないといった類のものではなく、人よりも努力することができる精神力があるか無いかで、できるかできないかが決まって来るんです。

しかし、有識者になるというのも難儀なもので、中々解り辛い現場で有識者が少なかったりすると、一揆に色々な人から頼りにされてしまうので、自分の仕事をする時間が質問攻めで裂かれてしまったりするものです。

私は、ともかく有識者として有名にはなりたくなかったので、一つの現場に何年も居座ることができませんでした。

決して、私は自分自身で、頭が良いとは言いません。

現に、高卒の出来そこないの怠け者が私なので、頭は決して良くはありません。

しかし、私は怠け者ゆえに、出来るだけ手を抜くことを考えていたので、どうすれば最も楽にこの現場で立ち振舞うことができるかをまず考えます。

それには、人一倍努力をして、人よりも先にその現場の業務を憶えることに専念します。

システムエンジニアをやってきた方なら、わかると思いますが、この業界は手を抜いたところが確実にバグとなって、自分に帰って来ると思いませんか?

誰もが若い頃、プログラムのテストが面倒くさくて、机上テストで大丈夫そうなので、実際に単体テストをやったことにして、終わらせたことがあるのではないでしょうか?

すると、後に必ずバグとして、その部分が出現するんですよ!!

後からバグが出現すると、余計に面倒くさいことになってしまうんですよね!?

まだフェーズが変わっていないうちは、テスト環境が残っているので比較的楽なのですが、フェーズが変わってテスト環境が存在しない場合、テスト環境を作らなければならないんですよ!!

それで済めば、未だ良い方です。

昼間は他の人たちが、フェーズ通りの作業を進めているので、テストができず、みんなが帰った後、テスト環境を作って、徹夜をしなければならないなんてことも経験したのではないでしょうか?

その時、私はこの業界で最も最短で仕事を終わらすには、絶対に手を抜かないことということを学びました。

また、周りにはうるさい上司が必ずいますよね!?

どこの現場にも。

そういう人は、必要以上に、わけのわからないいちゃもんを付けて来て、何でこの人に怒られなければならないのか?さっぱりわけがわからないという経験をしたことがある人もいるのではないですか?

自分の知識の低さゆえ、何で怒られているのか、そのわけもわからないで怒られてしまうんですよ。

それでは、そのような事態を避けるにはどうすればいいか?

答えは、その人よりも上の知識を身につけて、その人を上回る以外に方法は無いんです。

自分は、あの有識者の人よりも、頭が良くないからダメだ!?じゃないんです。

その人よりも知識を身につけるのに必要なものは、精神力です。

早い話、強靭な精神力が身についていれば、どこに出ても生きて行けるんです。

そのような精神力は、持ち合わせていないという人は、普段の業務で精神力を鍛えていけばいいんです。

大半の人は、強靭な精神力を持ち合わせてはいません。

少し頑張って、それらの人よりも強靭な精神力を身につけるんです。

そうすることによって、周りの人よりは1つ頭が出た状態になれると思います。

そうなれたら、さらに目標を上に設定し、最終的には自分が頂点となって、誰からも文句を言われない立場になるんです。

そこまでできれば、既に誰からも頼りにされる存在になっているはずです。

しかし、私は有識者となって、自分の時間を割かれることは御免だったので、なるべく2年で新たな現場を渡り歩いてきました。

というか、性格上一つの現場で何年も仕事をするということが、出来ないタイプの人間でした。

それで、色々な現場を渡ってきたのですが、そのように振舞ってくると、今度再び以前勤めた現場から、新たなシステムでお呼びがかかる時があるんです。

そのような時は、間を通す会社もメーカーやディーラーから指定されて、普段では考えられないような単価で仕事の依頼がくるんです。

実績を残しているので、期待されて単価も1.5倍、2倍となってお呼びがかかってくるんです。

私は当サイトでは、フリーse(システムエンジニア)では最高ランクに位置する、【ギークスジョブ】で仕事を紹介してもらうことをオススメしているのですが、これって最初のうちは業界でも最高金額を出してくれるという意味で紹介しているのであって、その後は信用さえ作ってしまえば、後はメーカーなりディーラーなりから、直接依頼がくるんです。

ともかく、もしもこれからフリーseをやろうと考えられてる方がいるとしたら、ともかく精神力を鍛えて行くことです。

精神力さえ鍛えることができたとしたら、システムエンジニアの業界に限らず、この世の中で生きて行く術を身に付けたことになるので、どう転んでも生きて行くことができるようになります。

若いうちにこのようなことに気が付ければいいのですが、中々若いうちは気が付くことができません。

高学歴の人材が優遇されるということは、彼らがそれなりに受験という難関を乗り越えて来た精神力の持ち主であることが評価されているからですから。

私も、もう少し早いうちに、このことに気が付いていれば、もう少し人生も変わってきたかもしれません。

しかし、世の中には、一生このことに気が付かないで終わる人もたくさんいるんです。

だから、私は大分後半になりましたが、死ぬ前に気が付けて良かったです。

ともかく、強靭な精神力を身につけるということは、一生の保険が出来たと言っても過言ではありません。

人間は、その時初めて、女房、子供を養っていける立場になれると思います。

それとも、結婚というのは、ある意味強靭な精神力を身につけるための試練のひとつかもしれません。

そうやって精神力というものは、日常の出来事で鍛え上げられていくものです。

フリーseで生きる人生は、決して間違いではありません。

しかし、一生の仕事ではないと、私は思っています。

自分が将来の夢に向かって突き進むための、有効な手段なのではないかと、私は思います。