システムエンジニア 年収|給与安過ぎ・激務の仕事に耐えられない

システムエンジニアに限らず行動力がある人が必ず成功する

フリーシステムエンジニア良質案件多数

必要なのは行動力

システムエンジニアの年収をアップしたいと思うのなら、必要なのは行動力です。

システムエンジニアに限らず、どこの業界でも何かを成功させたいと思うのなら、行動力は必要不可欠です。

あなたは、思ったことをすぐに行動に移すことができる人間ですか!?

「後10分経ったらやろう!!」などと考えてはいませんか!?

そのような考えを持っているのなら、「今スグにやろう!!」と、変えることができれば、100%成功することができると思います。

中々できることではないんですよ!!

やろうと思えば、できることなのに。

しかも、そのことに気が付けるのは、ある程度経験を積まないと、中々理解することができないんです。

頭が良い人なら、最初からそのことに気が付いて、時間の大切さから1分1分を大切に行動できる人もいます。

しかし、そのような人は稀であり、時間の大切さを何回も訊いてはいても、只単に聞き流してしまう人が大半なんですよ!!

ある程度経験を積んでから、初めて訊く耳が持てるようになるのだと思います。

それらのことを踏まえて、当サイトでは、システムエンジニアの年収アップに留まらず、その後の展開等を私の経験から反面教師的に話して行こうと思います。

人との差をつけるには、限られた時間内に、人よりも余計に行動していくしか方法はないんです。

就職をした会社でジッとしているだけでは何も変わらない

システムエンジニアという仕事は、最初に就職した会社で実直に仕事をこなしているだけでは、中々給料のアップも望めませんよね!?

幾ら自分が優秀であっても、特別扱いをしてくれるわけではなく、特別扱いをされたところで周りには同期の人間だっているわけです。

あなただけが特別扱いをされているのを見て、同期の人間たちはどう思うでしょう!?

誰かを依怙贔屓(えこひいき)するような会社には、居たくないと思うのが当たり前ですよね!!

私は、数学が得意だったのですが、数学を活かせる職場というものが全く思いつきませんでした。

当時は、ネットもそれほど普及していなかったということもあり、些細な情報がとても助かったという記憶があります。

なので、システムエンジニアに関しての私が知る限りの情報が、紹介できればと思っています。

中間マージンを取られないのが良質な案件情報

フリーSEの方に向けて、良質な案件情報のご紹介と、中間マージンを取られる仕組みの解説

間に会社がたくさん入ってしまうと、中間マージンばかりはねられて、安い仕事をするハメに!!

システムエンジニアとプログラマーの違い

システムエンジニアというのは、システム開発の全工程が対象なのに対して、プログラマーはプログラミングに関わる部分をやる人のことを差します。

システムエンジニアの仕事の一部が、プログラマーの仕事ということになります。

システムエンジニアは誰にでもなることができる

文系だろうが、未経験だろうが、高卒だろうが、そんなものは関係ありません。

特に資格や学歴は必要ないです。

しかし、勿論会社によっては、それらの条件で選別する会社もあります。

肝心なのは、如何に役に立つかということです。

システムエンジニア向け良質な案件情報「ギークスジョブ」

私の数ある営業窓口の中で、「ギークスジョブ」が最も良質な案件情報を抱えています。

下手な会社に足元をみられない為にも、「ギークスジョブ」は1番のオススメです。

「仕事に行きたくない」と言ったSEが年収アップで克服

「仕事に行きたくない」と言っていたシステムエンジニアが、フリーランスとなって年収がアップしたところ、今でもバリバリに第一線で活躍しています。

そのようなSEを何人も見てきました。

私もそうですが、人間なんて現金なものだと思います。

深く考えずに、気楽に考えれば、もう少し楽に生きられると思いますよ!!

年収アップはフリーSEになることが手軽な有効手段

システムエンジニア(SE)の方が、最も簡単に年収をアップするには、フリーランスになることが一番手っ取り早い有効手段です。

お金があれば、その後の展開も色々と考えることができ、将来やりたいことができるようになると私は思います。

「アクロビジョン」は高卒の初任給が月給で20万円以上

私は、初めての会社を給料が安いという理由から、フリーSEに転じたという経緯があります。

これからシステムエンジニアをお考えの方は、満足のいく給料の会社に入社できれば、私みたいに辞めなくても済むのではないかと思いました。

また、「アクロビジョン」は、その後フリーSEになった時に、事務計算系以外の職種に就けば、ゆくゆくは受託の仕事が受けやすいと思いました。

フリーseになるとは限りませんが、事務計算系の開発は受託の仕事が殆どありません。

それらの意味から、「アクロビジョン」をオススメしています。

フリーse(システムエンジニア)受託ベースで会社設立

私の友人は、フリーSEの受託ベースから理想的に人材を増やしていき、見事に会社を設立し、成功していったので紹介しています。

現在、友人の会社は社員数数十名を抱える、大所帯となっています。

フリーse(システムエンジニア)派遣ベースで事業展開

私のように、それほど優秀ではなくても、30年間フリーSEを派遣ベースで続けてきて、その収入から事業展開しています。

そこそこ成功しているので、紹介しています。

システムエンジニア 年収|給与安過ぎ・激務の仕事に耐えられない

システムエンジニア 年収

システムエンジニアの年収というのは、会社によってまちまちですが、よっぽど大きな会社以外はお世辞にも満足がいく年収はもらっていないでしょう。

私は、フリーでシステムエンジニアをやっているのですが、どこの現場に行ってもフリーになりたいというプロパーが後を絶ちません

システムエンジニアとしての年収が、安過ぎるんですよ。

みんな、「フリーシステムエンジニアになりたいけど、なり方が分からないので教えて欲しい」と言って来ます。

そんな時、私は決まって「ギークスジョブ」を紹介しています。

それは、なぜかというと、「ギークスジョブ」は、これからフリーシステムエンジニアになりたいという人に向けて、個別説明会を無料で行ってくれるからです。

一言でフリーシステムエンジニアになりたいと言われても、一遍に説明するのは無理があるので、個別説明会を受けて、分からないことはすべて確認することができるからです。

私は、初めてフリーシステムエンジニアになった時、契約先の会社に足元を見られてしまい月額にして10万円も安い金額で契約をしてしまいました。

年収にして、120万円も安くなってしまったんです。

フリーシステムエンジニアになる、第一歩でいきなり躓いてしまいました。

これからフリーシステムエンジニアになる方に向けて、私と同じ過ちを起こさないためにも、「ギークスジョブ」を紹介しています。

「ギークスジョブ」は、業界で最も良質な仕事をたくさん抱えていて、高単価・低マージンなので、会員の半数以上がリピータで仕事を続けています。

個別説明会では、自分のスキルからどれくらいの金額で仕事を受けることができるのかが確認できるので、絶対に間違いはありません。

フリーシステムエンジニアとしての華々しいデビューに、いきなりケチが付いてしまうのもつまらない話ですからね〜!!

足元を見てくるような会社は、ロクな会社ではありません。

仕事も劣悪な仕事しか廻って来ないような会社が、足元を見てくる傾向にあります。


システムエンジニア 年収|仕事はやりがいが無いと続かない

システムエンジニア 年収

私がシステムエンジニアとして体験した中で、月曜日に仕事に行くと日曜日まで帰ることができないという、最も過酷な現場がありました。

朝の7時に出勤をすると、日曜日の最終電車まで帰ることができなかったんです。

日曜日に帰れると言っても、家では風呂に入って仮眠を取ること位しかできませんでした。

月曜日にちょっと出勤が遅れると、すぐに会社から電話がかかってくるんです。

今からもう、10年以上前になりますか?

当時は、毎月2名は救急車で運ばれていました

その苛酷な激務は約1年間続きましたが、数名のシステムエンジニアは退職していきました。

彼らは皆、プロパーのシステムエンジニアだったのですが、会社も外注で給与もロクにもらっていなかったんです。

私も、自分なりによく続いたものだと感心しますが、私の場合はフリーランスだったので、それに見合う年収(給与)はもらっていました

それが励みとなったので、何とか無事にその1年間を乗り越えることができたんです。

もしも、自分が辞めて行ったプロパーの彼たちのように給与が安過ぎて、あのような激務を強いられていたとしたら、私は彼らと同じように、辞めて行ったことでしょう。

当時の私の給与は、ひと月で2人月分の給与がありましたから。

金額にして、150万円位です。

作業時間的には、400時間くらいでしたが、今ではもう幾らお金を積まれても、出来る話ではありません。

当時は、私の周りだけで十数名のプロパーシステムエンジニアが辞めて行きましたが、そのシステムの開発には数千名が参加するほどの規模だったので、相当の人が辞めていったのではないでしょうか?

辞めて行った十数名のシステムエンジニアの中には、私の紹介でフリーになった人が数名います


みんなフリーランスとなった時、一揆に上がる年収にとても驚いていました

それと同時に、やりがいも芽生えたそうです。

彼らは今でもフリーランスを続けており、有識者となってバリバリと仕事を続けています。


給与が安いとフリーシステムエンジニアに人は流れていくんです

システムエンジニア 年収

システムエンジニアのプロパーで、フリーに転属したいと思っている人が、たくさんいるということはわかったと思います。

私もそうでしたが、会社からの給与(年収)の不満から、フリーに転属する方が圧倒的に多いんです。

私は、初めて就職をしたコンピュータ会社に2年間所属していましたが、その後はフリーシステムエンジニアに転属をしました。

フリーになると、保障関係が一切無くなりますが、自分で事業を立ち上げるということは、そういうことなんです。

フリーシステムエンジニアという職業は、個人事業主なんです。

会社に所属していれば、会社の維持費を自分の稼ぎの中から天引きされているんです。

将来が有望な会社なら、その価値もありますが、給与が安いと思われているのなら、それもないでしょう。

誰が好んで、給与が安い会社に入ってくるでしょう?

人が増えないことには、会社としての存在感も無いに等しいんですよ。

ならば、自分が稼いだ金額は、すべて自分のものにして、将来の事業資金として貯めた方が得策だと思いませんか?

確かにフリーシステムエンジニアとして、60歳まで働こうというのは、無理があります。

よっぽど優秀なら別ですが、フリーシステムエンジニアとして働いていけるのは、50歳位までと考えておいた方がいいと思います。

フリーになれば、平均月収で60万円位にはなるでしょう。

安い仕事で、月40万円から、良い時で100万円位の単価の仕事に就くことができます。

これは、あくまでも私の体験談なので、保障されるものではありません。

でも、明らかに会社に所属している時と比べると、年収は飛躍的に向上するでしょう。


現場のフリーシステムエンジニアが会社の人を紹介してくれるケースもありますが

システムエンジニア 年収

コンピュータのシステム開発の現場には、システムエンジニアをやっていればわかると思いますが、色んな会社の人が集まって作業に当たっています。

中には、フリーシステムエンジニアの人も混ざっているでしょう。

ひょんなことから、フリーの人がもらっている給与を聞くことがあります。

自分が月給15万円しかもらっていないのに、フリーのシステムエンジニアは50万円、60万円、100万円もらっているという話を聞いたことがありませんか?

バカらしくて、やってられなくなりますよね?

自分もフリーになりたくなるのは、当たり前です。

そんな時、フリーの人が「うちの営業を紹介してあげようか?」と声をかけてくるケースもあるでしょう。

でも、もし初めてフリーとして仕事をするのなら、直接担当者に会う前に、業界の相場を知っておいた方が賢明です。

中には、足元をみてくる会社もたくさんあるので、自分の経歴の適性価格というものを事前に知っておく必要があるからです。

本来、自分の経歴の相場が50万円だとしても、「あなたは幾らの金額を希望しますか?」と聞かれた場合、そんなにもらえると思っていないあなたは思わず、「30万円いただきたいです。」と応えた時点で、即決してしまいます。

すぐに契約書が交わされて、あなたはその金額で契約期間中、仕事に就かなければならなくなってしまいます。

今まで月給15万円だった人が、「50万円欲しいです」とは、中々応えられないでしょう。

そんな時は、真っ先に「ギークスジョブ」に相談をして、まずは自分の単価の適性価格を知ることです。

登録は、無料なのでわからないことは、どんどん聞いて自分の今の技術はこれだけの価値があるんだということを認識しておくべきです。


フリーランスで事業資金を貯めて将来事業でもやってみたらどうですか?

システムエンジニア 年収

私は、かれこれ、30年以上フリーシステムエンジニアをしていました。

今でも、フリーシステムエンジニアをしています。

でも、自分で事業もしています。

私は、年齢的にも本来は仕事が無いような年齢でもあります。

ところが、現場からは人間関係が出来あがっていて、信用もあるので未だに声がかかるんですよ。

現場では、全く仕事をしたことがない、知らない人を入れるよりは、過去に実績がある人の方が重宝されるんですよ。

それには、ある程度年齢がいっているからといって、対象外にはならないんです。

朝は、フリーシステムエンジニアとして現場で働き、帰ってくると、事務所兼自宅でかみさんと2人3脚で仕事をしています。

一昨年前に事業を始めたんです。

それもこれも、フリーランスとして貯めた充分過ぎる程の資金あるからこそ、できることなんです。

仕事というのは、会社の方からお声がかかると、単価面がものすごく優遇されるんですね。

だいたい私の経験から1.5倍位になります。

なので、60万円が相場としたら、90万円くらいにはなります。

私がオススメしている「ギークスジョブ」は、業界でも非常に良心的なフリーランスシステムエンジニアのためのサイトです。

高報酬、低マージンの案件情報紹介サイトなので、そこに登録をしているフリーエンジニアのリピート率がともかくすごいんです。

私は、リーマンショックの時、丁度仕事が途切れてしまい、3ヶ月間仕事に就くことができませんでした。


危うく、月40万円という仕事に手を出すところでしたが、「ギークスジョブ」に登録をした途端、1週間で仕事に就くことができました


それ以来、私は、「ギークスジョブ」オンリーでお仕事をしています。


フリーシステムエンジニア良質案件多数

ギークスジョブの無料個別説明会では、幾らの仕事に就くことができるかを確認することができます。
フリーseをお考えの方は、1度金額を確認することにより、迷いが吹き飛ぶと思います。

システムエンジニア 年収・求人
フリーシステムエンジニア良質案件多数